for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日銀決定会合こうみる:政策点検、効果と持続性のバランス難しい=JPモルガン証券 鵜飼氏

[東京 18日 ロイター] - <JPモルガン証券 チーフエコノミスト 鵜飼博史氏>

日銀は2%の物価安定目標の達成をより効果的に、かつ時間がかかっても持続性があるように施策を点検すると言っている。効果と持続性のバランスをとらなければならないので、ここは難しい。より効果を高めるのであればより緩和を強めるという話になるし、その持続性も担保しなければならない。その手段をどうするのか、これからの検討ポイントになる。

2%の物価安定目標も「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」の枠組みも変えないけれども、イールドカーブコントロールの運営や資産買い入れの手法などを点検し、さらに追加できるような施策を考えるということもあるという。ただ、どこまでそういったものが見いだせるかは、現時点では分からない。

杉山健太郎

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up