for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル下落、世界的なコロナ行動制限強化で

[シドニー 21日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが下落した。世界各国で新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めが掛からず、行動制限などが強化される中、相対的に安全性が高いとされる米ドルが買われている。

豪ドルは0.49%安の1豪ドル=0.7585米ドル。豪ドルはこれまで7週連続で上昇しており、17日には0.7639米ドルと、2018年6月以来の高値を付けた。

NZドルは1NZドル=0.7079米ドルと、0.59%下落した。先週は0.7170米ドルと、2018年4月以来の高値を付けていた。

ジョンソン英首相は19日、感染力が従来のものより最大で7割高いとみられる変異種の新型コロナが広がっているとして、ロンドンを含むイングランド南東部に事実上のロックダウンを再導入することを発表。 欧州諸国は20日、英国からの渡航禁止を相次いで発表した。

メルボルンのブローカー、ペッパーストーンのストラテジスト、クリス・ウェストン氏は、豪ドルなどの相場について「悪いニュースがなければ、年末に向けてしっかりとした推移が続くものと思われたが、これは市場が予想していなかった非常に悪いニュースだ」と述べた。

豪国債の利回りは低下し、10年債は直近で0.969%。18日は0.99%だった。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up