for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国・香港株式市場・前場=中国堅調、政府の景気支援継続方針で 香港小幅安

    [上海 21日 ロイター] - 
 中国                    前場終値     前日比         %       始値
 上海総合指数          3,414.7207  + 19.8247     + 0.58  3,394.394
                                                                5 
 前営業日終値          3,394.8960                                 
 CSI300指数<.C    5,027.603   + 27.635     + 0.55  4,995.762
 SI300>                                                           
 前営業日終値           4,999.968                                 
 香港                    前場終値     前日比         %       始値
 ハンセン指数          26,444.19     - 54.41     - 0.21  26,422.62
                                                                  
 前営業日終値          26,498.60                                  
 ハンセン中国株指数<   10,472.62     - 10.72     - 0.10  10,441.93
 .HSCE>                                                           
 前営業日終値          10,483.34                                  
    中国株式市場は上昇して前場を終了した。新型コロナウイルス危機で打撃を受けた同
国経済への支援策を継続する政府の方針が好感された。
    上海総合指数前場終値は19.8247ポイント(0.58%)高の341
4.7207。上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI
300指数         前場終値は27.635ポイント(0.55%)高の5027.6
03。
    CSI工業株指数とCSI・IT株指数が1.8%と1.5
%それぞれ上昇し、全体相場の上げを主導した。
    新華社は18日、来年の経済運営を決める中央経済工作会議の結果を踏まえ、景気回
復を支える政策を維持し、突然の政策転換を回避し、2021年の経済成長を妥当な範囲
に保つ政府の方針を伝えた。
    西南証券のアナリストは調査ノートで「安定的で継続的な政策の基調を定めることで
、相場上昇の基礎が築かれ、成長株と循環株のどちらにも好機がもたらされた」と指摘し
た。
    一方、代表的な株価指数からの除外や米のブラックリストへの指定を受け、監視カメ
ラ大手の杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)と中国最大の半導体メー
カー、中芯国際集成電路製造(SMIC)は下落。
    SMICは20日、米国の事実上の禁輸リストである「エンティティー・リスト」に
指定されたことについて、回路線幅10ナノなど最先端の半導体技術の研究・開発(R&
D)にかなりの悪影響を及ぼすとの見通しを示した。
    
    香港株式市場は小幅安。
    ハンセン指数前場終値は54.41ポイント(0.21%)安の2万6444
.19。ハンセン中国企業株指数(H株指数)       前場終値は10.72ポイント(
0.10%)安の1万0472.62。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up