for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニー外為・債券市場=豪ドル小幅高、英EU通商協議など材料視

[シドニー 23日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルが英国と欧州連合(EU)の通商交渉を巡るニュースを好感して上昇したが、トランプ米大統領の新型コロナウイルス追加経済対策に関する発言により相殺された。

英ITVの政治エディター、ロバート・ペストン氏は、22日のツイッターへの投稿で、英国とEUの通商交渉は23日に合意が可能だとの見方を示した。

トランプ氏は22日、議会が可決した新型コロナウイルス追加経済対策について、国民への直接給付金の引き上げや無駄な支出の排除など修正を望む意向を示した。

豪ドル/米ドルは小幅高の0.7529米ドル。直近の2年半ぶり高値0.7639米ドルを下回っている。支持線は0.7510米ドルと0.7463米ドル近辺。

豪ドルは年初から約8%上昇しており、利益確定の売りが出る可能性がある。市場が混乱した3月中旬に付けた安値からは36%上昇している。

ニュージーランドドル(NZドル)/米ドルは横ばいの0.7034米ドル。直近高値は0.7170米ドル。年初からは4.5%上昇。3月安値(0.5703米ドル)からは約24%上昇している。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up