for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア株式・中盤=大半が上昇、薄商い

[24日 ロイター] - 中盤の東南アジア株式市場は、クリスマス休暇前の薄商いの中、大半が上昇している。

0420GMT(日本時間午後1時20分)時点で、シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.33%高。パーム油大手ウィルマー・インターナショナルやカジノ運営のゲンティン・シンガポールが上昇した。

バンコク市場のSET指数は0.49%高。インド系鉄鋼大手のタタ・スチール・タイランドや、投資大手のシミコ・セキュリティーズが大幅高となった。

クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.38%下げた。

マニラ市場とジャカルタ市場は、クリスマスイブのため休場。 (アジア株式市場サマリー)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up