for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

上海外為市場=元一時1週間ぶり高値、クリスマスで取引閑散

[上海 25日 ロイター] - 上海外国為替市場で人民元は上昇。一時1週間ぶり高値を付けた。英国と欧州連合(EU)が通商分野など将来の関係で合意したことを受けリスクを選好するムードとなりドルが軟化している。

取引開始前に発表された基準値(中間値)は1ドル=6.5333元で、前日の基準値(6.5361元)から28ポイントの元高。

スポット元は1ドル=6.5313元で始まり、一時17日以来の高値となる6.5266元を付けた。中盤時点では前日比19ポイント高の6.5282元。

取引は閑散。海外市場の多くがクリスマスで休場のため、国内の市場参加者も動意薄、午前の値動きは50ポイント弱にとどまった。

オフショア人民元は6.5185元で推移している。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up