for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米コロラド州で変異種、バイデン氏「ワクチン供給ペース遅い」

[ウィルミントン(米デラウェア州)/ワシントン/ロサンゼルス 29日 ロイター] - 米コロラド州のポリス知事は29日、感染力の高い新型コロナウイルスの変異種に感染した例を同州で確認したと明らかにした。米国でこの変異種が確認されるのは初めて。

 12月29日、米コロラド州のポリス知事は、感染力の高い新型コロナウイルスの変異種に感染した例を同州で確認したと明らかにした。米国でこの変異種が確認されるのは初めて。写真は11月24日、同州デンバーの空港で撮影(2020年 ロイター/Kevin Mohatt)

一方、バイデン次期大統領は現在のワクチン供給ペースでは、国民の大半の接種が終わるのに数年かかるとの懸念を示した。

ポリス知事は声明で、英国で確認されたのと同じ感染力の高い変異種『B117』がコロラド州で確認されたと発表した。

感染したのは20代の男性で最近の渡航歴はなく、デンバーで隔離されているという。

「公衆衛生当局が徹底した調査を行っている。(感染者との)濃厚接触者はこれまでのところ確認されていない」とし、連邦政府に報告したと説明した。

<ワクチン接種、期待通り進まず>

バイデン氏はデラウェア州ウェルミントンで、トランプ大統領は年内に2000万人の接種を目指しているが、実際は200万人程度に留まっていると指摘。「ワクチンを配布し接種する取り組みは期待通りには進んでいない。(現在のペースでは)全国民の接種には、数カ月ではなく数年かかる」と語った。

バイデン氏は来年1月の政権発足から100日以内に1億回の接種を目指すが「これは1日当たりの接種を現在の5─6倍に相当する100万回に引き上げる」ことを意味し、議会が追加の資金を承認する必要があると指摘した。

この目標が実現したとしても国民の大多数が接種を受けるまでに数カ月かかり「3月に入ってしばらくするまで」状況は改善しない可能性があるとの認識を示した。

さらに、国家安全保障などの理由で生産を優先すべき材料や製品を企業に指示できる「米国防生産法」に基づく大統領権限を使い、ワクチン生産に必要な材料の生産を加速させる考えを示した。

トランプ氏も新型コロナ感染拡大への対応でこの法律を活用している。

バイデン氏は学校を安全に再開するためには、社会的距離を保てるよう生徒に別の交通手段を提供したり、学校内の換気を改善したりする必要があるとして、議会に資金の拠出を要請した。

また新型コロナ検査や、医療従事者向けに感染予防装備の購入支援への支出を増やす必要があると主張した。

バイデン氏の発言を受けてトランプ氏は「連邦政府が届けたワクチンを配布するのは州政府だ。われわれはワクチンを開発しただけでなく州にワクチンを届けてきた」とツイッターに投稿した。

<ハリス氏、ワクチン接種>

ハリス次期米副大統領はこの日、新型コロナワクチンの接種を受けた。ハリス氏が受けたのはモデルナ製ワクチンで、アフリカ系住民が多いワシントン南東部の医療機関で接種を受け、その様子がテレビ中継された。

バイデン陣営は、新型コロナの打撃が特に深刻な非白人系コミュニティーにワクチンを供給することが重要だと訴えている。

新型コロナ対策でバイデン氏に助言するアトゥール・ガワンデ氏はCBSニュースに、政権移行チームはワクチン配布のボトルネックを理解するために必要な情報がそろっていないと語った。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up