for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏金融・債券市場=利回り横ばい、年間では大幅低下 コロナ刺激策で

    [ロンドン 31日 ロイター] - 
 <金利・債券>                                         
 米東部時間16時                                         
 4分                                        
 *先物          清算値  前日比   前営業日  コード
                                      終盤  
 3カ月物ユーロ  100.54    0.00     100.54         
 *現物利回り    現在値  前日比   前営業日  コード
                                      終盤  
 独連邦債2年物  -0.708  +2.285     -0.700            
 独連邦債5年物  -0.742  +0.037     -0.736            
 独連邦債10年  -0.575  -0.008     -0.571             
 物                                         
 独連邦債30年  -0.167  -0.002     -0.163             
 物                                         
 
    
    ユーロ圏金融・債券市場では、年末の薄商いの中、国債利回りがほ
ぼ横ばい。年間では30─100ベーシスポイント(bp)の低下とな
った。
    今年最も買われたイタリア国債は10年債利回りが1
bp低下の0.51%付近。年初は1.5%近くで始まったが、欧州中
央銀行(ECB)が新型コロナウイルス対策で大規模な刺激策を導入し
、その後は低下が続いた。
    スペインとポルトガルの10年債利回り
は0%を上回る水準だが、年間では約50bp低下。年初にすでにマイ
ナス圏にあったドイツ債利回りも約30bp低下した。 
    ドイツ、スペイン、ポルトガルの10年債は今年のリターンが4─
5%、イタリアと米国の10年債は8%以上と好成績だったが、来年は
利回りが徐々に上昇(価格は下落)する可能性がある。ただ、利回り上
昇は中央銀行の買い入れで幅広く相殺されるとみられる。
    レーベンスクロフトの最高投資責任者、ケビン・ボッシャー氏は「
金融抑制は続いており、投資家は利回りを求めてリスク尺度を広げざる
を得ないため、国債利回りは幅広く低水準が続くだろう」と述べた。
    英2年債利回りはこの日、過去最低のマイナス0.17
3%まで低下した。年初からは70bpの低下で、価格としては201
1年以来の大幅な上昇。
    

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up