for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式こうみる:市場は様子見、緊急事態宣言の全容待ち=三井住友DSAM 市川氏

[東京 4日 ロイター] -

<三井住友DSアセットマネジメント チーフマーケットストラテジスト 市川雅浩氏>

国内の新型コロナウイルスの感染者数は年末に急増し、休暇中に警戒感が高まっていた。ただ、政府はこれまで緊急事態宣言の再発令に慎重だったので、午前の菅義偉首相の記者会見で急きょ検討に入ったと伝えられ、再発令を織り込んでいなかった参加者も多いようだ。現時点では緊急事態宣言の全容が分からないためマーケットも動きづらく、どの程度の制限なのかはっきりとした詳細の発表を待ちたい状況ではないか。

緊急事態宣言が再発令された場合、昨年の4月よりも制限は限定的になるようだが、それでも人の動きが滞ってしまうのはマイナス材料になる。今後の感染状況次第ではさらに厳しい制限が導入される可能性もあり、今週は引き続き、足元の感染者数の状況やそれに伴う行政の対応に市場の関心が集まりそうだ。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up