for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FRB、21年に資産買い入れ「再調整」可能に=アトランタ連銀総裁

[ワシントン 4日 ロイター] - 米アトランタ地区連銀のボスティック総裁は4日、新型コロナウイルスワクチンの供給が景気拡大につながれば、連邦準備理事会(FRB)は今年、月間の資産買い入れの縮小開始が可能になるとの見解を示した。

同総裁はロイターのインタビューで、FRBが現在実施している月額1200億ドルの国債・住宅ローン担保証券(MBS)買い入れについて、「かなり近いうちに再調整を開始できると期待している」と述べた。

FRBは先月の連邦公開市場委員会(FOMC)声明で、国債などを買い入れる量的緩和策について、最大雇用と物価安定の目標達成に向けて「さらに著しい進展が見られるまで」継続すると表明した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up