for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

KDDIが20ギガで月額2480円の新プラン 「最安値目指した」

KDDI(au)は13日、月間データ容量20ギガバイトで月額2480円のオンライン専用新料金ブランドを3月から提供すると発表した。NTTドコモやソフトバンクの新料金プランより500円安い設定とした。資料写真、2012年5月撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)

[東京 13日 ロイター] - KDDI(au)は13日、月間データ容量20ギガバイトで月額2480円のオンライン専用新料金ブランドを3月から提供すると発表した。NTTドコモやソフトバンクの新料金プランより500円安い設定とした。大容量プランのほか小容量ユーザー向けブランドの料金値下げも発表しており、楽天モバイルや格安スマホのMVNO(仮想移動体通信事業者)の価格戦略にも影響が出そうだ。

会見した高橋誠社長は「3キャリアで最安値を目指したいと思った」と述べた。新ブランド「povo(ポヴォ)」は、auの第4世代(4G)や5Gのネットワークを利用する。5Gは2021年夏に対応する予定。通話料金は30秒で20円。

当初はシンガポールのサークルズアジア社と提携してMVNOとして新サービスの提供を想定していたが、ドコモが新料金プラン「アハモ」をドコモの料金プランとして打ち出したことを踏まえ「auの中でやった方が対抗力がしっかりつく」(高橋社長)と判断したという。

一時的に大容量のデータ利用が必要な際は200円の追加料金で申し込みから24時間データ通信が使い放題になったり、月額500円で5分以内の国内通話が無料になるなど、オプションとなる「トッピング」を自由に追加できるようにする。

高橋社長は「NTTとどうやって戦っていくかが我々の歴史」と指摘。「最安値をつけ、いろんなアイデアを注入できるプランに仕立て上げられたことに、社内もワクワクしている」と新プランの競争力に自信を示した。

一方、データ無制限プラン「使い放題MAX」も、4Gと5Gとも3月から月6580円に値下げする。4Gは1070円、5Gは2070円の値下げとなり、データ容量が3ギガ以下なら1500円を自動で割り引く。5Gの料金で比較すると、ドコモが月額6650円、ソフトバンクは月額6580円。

格安ブランドのUQモバイルのプランも値下げし、2月からサービスを提供する。3ギガを月1480円と500円引き下げるほか、10ギガを5ギガ増量の15ギガとして2480円に500円引き下げる。従来公表していた20ギガ3980円のプランは25ギガ3480円とする。UQでは、余ったデータを翌月に繰り越せ、今夏には5Gにも対応する予定。

高橋社長は「KDDIグループが5Gに向かって戦う体制をまず作り上げた」と強調。一連の価格戦略は「思い切った料金プラン。業績への影響はあるだろう」との認識だが、個人向けの金融・決済・エンターテインメントなど通信以外での付加価値サービスやビジネスの分野が伸びているとし「この辺りでしっかりリカバーしながら、持続的成長を目指していく」と説明した。

*詳細を追加しました

平田紀之 編集:青山敦子、田中志保

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up