for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

SUBARU、半導体不足で1月に日米でそれぞれ数千台ずつ減産

 1月14日、SUBARU(スバル)は、世界的な半導体不足の影響により国内と米国で1月に生産調整を実施すると明らかにした。写真は都内で2019年10月撮影(2021年 ロイター/Soe Zeya Tun)

[東京 14日 ロイター] - SUBARU(スバル)は14日、世界的な半導体不足の影響により、国内と米国で1月に生産調整を実施すると明らかにした。群馬製作所(群馬県太田市)と米国インディアナ州の工場でそれぞれ数千台程度を減産する予定。日米合計での減産規模は公表していない。広報担当者は、2月以降については「今後、検討していく」と話している。

SUBARUの発表によると、群馬製作所で本工場および矢島工場(完成車工場)、大泉工場(エンジン・トランスミッション工場)を15─16日の2日間、停止する。

半導体を巡っては、ゲーム関連向け、第5世代(5G)移動通信システム向け、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う在宅勤務用パソコン向けなどの需要が拡大しており、自動車向けの供給が世界的に遅れている。スバルのほか、日産自動車やホンダなどでも減産を決めている。

*内容を追加しました。

白木真紀、田中志保

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up