for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インドネシア地震、少なくとも35人死亡 捜索と救援急ぐ

[ジャカルタ 15日 ロイター] - インドネシアのスラウェシ島でマグニチュード(M)6.2の地震が発生し、少なくとも35人死亡、数百人が負傷した。同国の気象当局は余震のリスクを警告、津波発生の可能性もあるとの見方を示している。

 インドネシアのスラウェシ島でマグニチュード(M)6.2の地震が発生し、少なくとも7人死亡、数百人が負傷した。写真は地震で被害を受けた建物。15日撮影。提供写真(2021年 ロイター/Antara Foto/Akbar Tado)

震央はマジェネの北東6キロの地点で、震源の深さは10キロ。

当局の現時点の情報によると、マジェネと近隣のマムジュで合わせて10人が死亡。捜索・救助活動は現在も続いており、死者が増える可能性もある。

負傷者はマジェネで637人。マムジュでも20人程度が負傷しているもようだ。

地震は現地時間15日午前1時過ぎに発生。少なくとも住宅60棟が被害を受け、数千人の住民が避難しているという。

現地の報道関係者がロイターに語ったところによると、ホテルや当局の建物、ショッピングセンターなどが大きな損傷を受けている。

現時点では津波警報は発令されていないが、気象・気候・地球物理学庁(BMKG)のドウィコリタ・カルナワティ長官は記者会見で、強い余震が続く可能性があり、強い揺れが再度起きれば津波が発生することも考えられると述べた。

同地域では数時間前にもM5.9の地震が発生しており、同長官は、この24時間に少なくとも26回の余震があったとしている。

災害当局は、過去24時間の地震により少なくとも3カ所で土砂崩れが発生し、停電も起きているとした。

ジョコ大統領はビデオメッセージで犠牲者に哀悼の意を表明。住民に落ち着いて行動するよう呼び掛けた。捜索活動の強化も指示した。

西スラウェシ州政府の報道官は、通信と橋の復旧、テント・食品・医療品の支給が重要な課題になると述べた。

防災当局によると、地震の発生後、約1万5000人が自宅から避難している。新型コロナウイルスの流行で、支援物資の配給が難しくなる可能性がある。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up