for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、直近IPOを買い直す動きも

    [東京 15日 ロイター] - 
    <15:35> 新興株市場はまちまち、直近IPOを買い直す動きも
    
    新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は続落、東証マザーズ指数は反発した
。市場からは「ひと押し入れた直近IPOが買い直されるなど、物色意欲の強さが感じら
れた」(国内証券)とのが聞かれた。
    
    日経ジャスダック平均は、前営業日比0.18%安。個別では、山陽百貨店        
がストップ高比例配分となったほか、不二精機        が反発。一方、ウエストホールデ
ィングス        、出前館        、フェローテックホールディングス        などが軟
調だった。
    
    マザーズ指数は、前営業日比0.83%高。個別では、バルミューダ        、EN
ECHANGE        、Sansan        がストップ高となったほか、メルカリ<4
385.T>も高いが、バリュエンスホールディングス        がストップ安となった。
    
    <14:35> 日経平均は安値もみあい、週末を意識し徐々に模様眺めに
    
    日経平均は安値もみあい。週末が意識され、売り買いともに積極的な仕掛けは目立た
なくなるなど、徐々に模様眺めとなってきた。市場では「いったん下げ幅を拡大したもの
の、売り材料がある訳でもなく、押し目買いに下げ渋った。来週以降、イベントが目白押
しとなるため、見送り気分が広がっている」(国内証券)との声が聞かれる。
    
    
    <13:30> 日経平均は一時200円安、過熱感を意識 米経済対策発表で材料出
尽くし
    
    日経平均は下げ幅を拡大し、一時前営業日比200円超安となった。2万8500円
台後半で推移している。TOPIXも同様に下げ幅を拡大し、0.80%超安となった。
米経済対策が発表されたが、新鮮味がないとの受け止めが広がり、時間外取引で米株先物
が軟化。短期的な過熱感も意識され、利益確定売りに押される展開となっている。
    
    市場では「米経済対策が発表されたものの、ほぼ事前報道通り。新鮮味がなかったた
め、市場では織り込み済みと受け止められ、米株先物が売られているようだ」(国内証券
)との声が出ていた。

    
    <11:50> 前場の日経平均は反落、利益確定売り 個別では決算を材料視した
物色も

    前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日59円21銭安の2万8639円05銭
となり、6日ぶりに反落した。日経平均は前日までに5日続伸し、連日のバブル崩壊後高
値更新となったこともあり、きょうは高値警戒感から利益確定売りが優勢となった。ただ
、個別では決算を材料視した物色の動きがみられ、指数を押し上げる場面があった。
    14日の米国株市場では、主要3指数がそろって下落した。バイデン新政権下での新
型コロナウイルス経済対策への期待がある一方、新規失業保険申請件数の増加を受けて労
働市場の悪化を巡る懸念が高まった。ただ、個別では半導体関連が買われ、フィラデルフ
ィア半導体指数      は連日の最高値をつけた。
    
    日経平均は寄り付きでは続伸スタートとなったが、その後はマイナス圏とプラス圏を
行き来する一進一退の値動きがみられた。指数寄与度の高い銘柄では、ファーストリテイ
リング        が2.8%安となり、日経平均を約98円押し下げる格好となった。
    TOPIXも反落し0.51%安で午前の取引を終了。東証1部売買代金は1兆45
87億2700万円と、引き続き商いが膨らんでいる。東証33業種では、輸送用機器、
鉄鋼、電気・ガス業などの25業種が値下がり。鉱業、石油・石炭製品、ゴム製品などの
8業種は値上がりした。
    市場では「きのうの日経平均が午後急落したことを踏まえると、仕掛け的な売りが出
やすい水準となっている可能性がある。きょうのTOPIXは下落率が0.5%を超えて
いるが、日銀はこの株高相場でもETF(上場投資信託)買いを実施するかどうかが注目
されている」(運用会社)との声が出ていた。
    
    個別では、東京エレクトロン        、アドバンテスト        、SCREENホー
ルディングス        、レーザーテック        などの半導体がしっかり。半導体受託生
産大手の台湾積体電路製造(TSMC)         が14日に発表した2020年第4・
四半期(10─12月)決算で、純利益は前年同期比23%増の1428億台湾ドル(5
1億ドル)となり、過去最高益を計上。今年の設備投資額は前年比で最大60%拡大を見
込んでいることが明らかとなり、これを受け半導体関連銘柄は総じて堅調な動きとなって
いる。
    
    東証1部の騰落数は、値上がり580銘柄に対し、値下がりが1505銘柄、変わら
ずが103銘柄だった。
    
    <11:10> 日経平均はマイナス圏、手仕舞い売り優勢 ファーストリテ3%超
安
    
    日経平均はマイナス圏での推移で、現在前営業日比70円ほど安い2万8600円台
前半。週末を控え、手仕舞い売りが優勢になっているという。
    市場では「急騰後の過熱感を解消する動きとなっており、調整の範囲内。個別では決
算を材料視した物色が行われており、買い意欲は衰えていない」(国内証券)との声が出
ていた。
    
    個別ではファーストリテイリング        は3%超安となり、日経平均を約110円
押し下げる要因となっている。半面、東京エレクトロン        、アドバンテスト<6857.
T>などの半導体関連は堅調で、日経平均を100円押し上げている。
    
    
    <09:49> 日経平均は一進一退、週末控えポジション調整も
    
    日経平均は一進一退、前営業日比20円ほど高い2万8700円台前半で推移してい
る。一時マイナス圏に沈み、市場からは「日経平均は5営業日続伸となり1600円ほど
上昇したことに加え、週末を控えていることからポジション調整も出やすい状況だ」(国
内証券)との声が聞かれた。
    
    
    <09:10> 寄り付きの日経平均は続伸、半導体関連や値がさ株堅調
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比79円21銭高の2万8777円
47銭となり、続伸した。昨日に引き続き、半導体関連株や値がさ株が物色され日経平均
を押し上げている。幅広い業種で買いが先行し、東証33業種では海運業、鉱業、石油・
石炭製品などが値上がり。半面、電気・ガス業、その他製品、輸送用機器などは値下がり
している。
   
    
    <08:24> 寄り前の板状況、総じて売り買い拮抗
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ソニー        、
ホンダ        は売り買い拮抗、キヤノン        、東京エレクトロン        は買い優
勢、ソフトバンクグループ        は売り買い拮抗。
       
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は売り買
い拮抗。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、みずほフィナンシ
ャルグループ        は売り買い拮抗、三井住友フィナンシャルグループ        は買い
優勢。
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up