for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「十字線」、5日線割り込み攻防の分岐点に

    [東京 18日 ロイター] - 
    <15:25> 日経平均・日足は「十字線」、5日線割り込み攻防の分岐点に
    
    日経平均・日足は上下にヒゲを伴う寄り引けがほぼ「坊主」の「十字線」。終値が5
日移動平均線(2万8416円12銭=18日現在)を下回り、調整色を濃くする動きと
なっている。
    
    今回の足そのものは、方向性を探る動きで、翌日に上下いずれに振れるか重要だ。マ
ドを空けて下放れた場合は、「十字足」が崩落の兆しとなる「捨て子線」となる一方、す
かさず切り返しに転じた場合、絵づらはスピード調整を示唆することになる。そこから攻
防の分岐点と言えそうだ。

    
    <15:10> 新興株市場はまちまち、決算発表シーズン控え好業績銘柄に関心
    
    新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均はほぼ変わらずだが、東証マザーズ指
数は続伸歩調となった。市場からは「決算発表シーズンを控えて好業績銘柄に関心が移り
つつあるようだ」(国内証券)とのが聞かれた。
    
    日経ジャスダック平均は、前営業日比0.01%高。個別では、Mipox        
が商いを伴って上昇したほか、アサカ理研        がストップ高。ウエストホールディン
グス        も堅調だが、出前館        、不二精機        は下落した。
    
    マザーズ指数は、前営業日比1.56%高。個別では、前週末に業績見通しの上方修
正を発表したトヨクモ        がストップ高比例配分となったほか、ENECHANGE
        、エヌ・ピー・シー        、バルミューダ        などもしっかり。半面、メ
ルカリ        がさえない。
    
    <14:15> 安値もみあい、米国株式市場休場のため見送りムードに
    
    安値もみあい。日経平均は2万8200円台で推移している。今晩の米国株式市場が
休場のため「見送りムードが強くなっている。本格的に方向性が出るのは、海外勢の姿勢
がはっきりする週半ばから。それまでは調整色が濃い動きになるのではないか」(国内証
券)という。
    
    午後2時15分現在、東証1部の売買代金は1兆5012億6600万円。前週の平
均に比べてやや細っている。
    
    
    <13:00> 日経平均はマイナス圏、急騰後の反動 市場では底堅いとの声も

    日経平均は後場も株安の流れを引き継ぐ展開となっている。現在前営業日比250円
ほど安い2万8200円台後半。市場では「今夜の米国株式市場は休場となるため、様子
見ムードが広がりやすい。ただ、前週末に急騰したにもかかわらず200円安にとどまっ
ていることは、ある意味底堅いととらえることもできる」(国内証券)との声が出ていた
。
    
    
    <11:50> 前場の日経平均は続落、利益確定売りが優勢 中国GDPには反応
薄

    
    前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日236円44銭安の2万8282円74
銭となり、続落した。短期間で急騰した調整売りがみられ、前週まで堅調に推移していた
値がさ株や半導体関連株に利益確定売りが先行した。取引時間中に発表された中国の第4
・四半期の国内総生産(GDP)は前年同期比6.5%増加し、ロイターがまとめたエコ
ノミスト予想(6.1%増)を上回ったが、株価は反応薄だった。

    前週末15日の米株式相場は軟調な展開となった。最近の株価は、バイデン次期米大
統領が就任後に実施する経済対策を織り込んで上昇していたが、前日にバイデン氏が対策
案を発表したことを受け、イベント通過に伴う売りも出た。また、決算を発表した大手銀
行株が売られたほか、エネルギー株も軟調に推移した。
    
    日経平均は続落スタート。一時前営業日比407円64銭安の2万8111円54銭
まで下落したが、その後は下げ幅を縮小し、前営業日比200円ほど安い水準での値動き
が継続した。取引時間中に発表された中国の第4・四半期の国内総生産(GDP)は多く
の国が新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受ける中、主要国で唯一プラス成長を維持
したものの、株価は反応薄。中国関連株の安川電機        、ファナック        はとも
に2%超安となった。
        
    市場では「中国のGDPは内容的によかったが、事前報道もされていたこともあり、
予想通りで株価は反応していない。きょうは前週に買われ過ぎた反動で全体的に地合いが
軟調となっている。米国で景気敏感セクターが売られた流れも引き継いでいるようだ」(
国内証券)との声が聞かれた。
    
    TOPIXも続落し0.49%安で午前の取引を終了。東証1部売買代金は1兆02
28億1500万円。東証33業種では鉱業、海運業、石油・石炭製品、保険業などの3
0業種が値下がり。電気・ガス業、精密機器、空運業の4業種は値上がりとなった。
    
    個別では、指数寄与度の高い銘柄が総じて軟調。ファーストリテイリング        、
ファナック        をはじめ、東京エレクトロン        、アドバンテスト        など
の半導体関連も利益確定売りが優勢となった。
    
    東証1部の騰落数は、値上がり861銘柄に対し、値下がりが1185銘柄、変わら
ずが136銘柄だった。
    

    <10:58> 日経平均はマイナス圏で一進一退、米休場で様子見強まる
    
    日経平均はマイナス圏で一進一退の値動きで、前営業日比200円ほど安い2万83
00円台前半での推移となっている。市場では「18日の米国株式市場はキング牧師生誕
記念日に伴い休場。海外勢が少なく、様子見ムードが強まりやすい」(国内証券)との声
が出ていた。
    
    東証33業種では海運業、鉱業、石油・石炭製品、保険業などの29業種が値下がり
。電気・ガス業、精密機器、空運業、医薬品の4業種は値上がりとなっている。
    
    
    <10:01> 日経平均は戻り歩調、中国の経済指標に注目
    
    日経平均は戻り歩調、前営業日比180円ほど安い2万8300円台前半で推移して
いる。市場からは「日本時間午前11時に公表予定の中国の経済指標にマーケットの関心
が集まっている。特に、安川電機やファナックなど機械株の値動きに注目したい」(国内
証券)との声が聞かれた。
    
    
    <09:30> 日経平均は軟調、一時400円超安 半導体関連株に利益確定売り
    
    日経平均は軟調、前営業日比240円ほど安い2万8200円台後半で推移している
。一時400円を超えるマイナスとなる場面もあったが、その後は下げ渋っている。前週
まで堅調に推移していた値がさ株や半導体関連株に利益確定売りが先行し、相場全体の重
しとなっている。
    市場からは「米国の追加コロナ対策案が発表され、イベント通過に伴う売りも出てい
るようだ。短期間で急騰しただけに調整売りが出始めている」(国内運用会社)との声が
聞かれた。
    
    
    <09:06> 寄り付きの日経平均は続落、指数寄与度の高い銘柄が軟調
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比280円50銭安の2万8238
円68銭となり、続落した。指数寄与度の高いファーストリテイリング        やソフト
バンクグループ        、東京エレクトロン        などが軟調なほか、幅広い業種で売
りが先行。東証33業種中、電気・ガス業、精密機器、医薬品以外の30業種が値下がり
し、海運業、鉱業、鉄鋼が値下がり上位に入っている。
    
    
    <08:23> 寄り前の板状況、ファーストリテは売り優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ソニー        、
ホンダ        は売り買い拮抗、キヤノン        は売り優勢、東京エレクトロン<8035.
T>は売り買い拮抗、ソフトバンクグループ        は売り優勢。
       
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は売り優
勢。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        は売り優勢。 
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up