for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=下落、エネルギー・旅行株の下げ重し

    [18日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 FTSE100種       6720.65   -15.06  -0.22    6735.71          
 
    ロンドン株式市場はFTSE100種が0.2%下落した
。エネルギー株や旅行関連株の下げが重しとなったほか、企業に対する
制限強化が英経済に短期的な影響を与えるとの懸念を受けた。
    一方、中型株で構成されるFTSE250種指数は0.1
%上昇した。
    世界的な新型コロナウイルス感染者の急増やワクチン展開の遅れな
どを背景に原油価格が下落し、英石油大手BPや英・蘭系エネ
ルギー大手、ロイヤル・ダッチ・シェルが指数を押し下げた。
    ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の親会社IAGや
英格安航空大手イージージェット、英ホテル経営大手インター
コンチネンタル・ホテルズ・グループ(IHG)など旅行・娯
楽関連株は0.8─1.9%安。英国への入国者は全員、コロナ検査で
の陰性証明の提出と10日間の隔離が求められている。
    スプレデックスのアナリスト、コナー・キャンベル氏は、米市場の
休場に加え20日の大統領就任式を控え、欧州市場も値動きが乏しかっ
たと述べた。
    個別銘柄では、英製薬大手アストラゼネカが0.9%高。
乳がん治療薬が米国で特定の進行性胃がんの治療薬として承認された。

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up