for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

21年仏版ミシュラン発表、コロナ禍による営業停止乗り越え

 新型コロナウイルスの流行でレストランが閉鎖されているフランスで、2021年の仏版「ミシュランガイド」が1月18日発表された。写真は、21年版を手にしたインターナショナルディレクターのプレネックさん。18日撮影(2021年 ロイター/Christian Hartmann)

[パリ 18日 ロイター] - 新型コロナウイルスの流行でレストランが閉鎖されているフランスで、2021年の仏版「ミシュランガイド」が18日発表された。

ロックダウン(都市封鎖)により飲食店は数カ月にわたって閉鎖され営業できたのは数週間しかなかったため、発行は困難に直面したという。

ガイドのインターナショナルディレクター、グウェンダル・プレネックさんによると、ロックダウンが緩和されると調査員は休暇をキャンセルし、再び閉店を余儀なくされる前にできるだけ多くのレストランを回ったという。

21年版のガイドではアレクサンドル・マジア氏のレストラン「AM」(マルセイユ)が最高位の三つ星に昇格した。フランスの三つ星レストランはこれで30店となった。

新たに2つ星となったのは2店で、54店が初めて1つ星を獲得した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up