for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オランダ、全国的な夜間外出禁止令を検討 入国制限も

[アムステルダム 20日 ロイター] - オランダ政府は20日、第二次世界大戦以降で初となる全国的な夜間外出禁止令を検討するほか、国内での新型コロナウイルス変異種の感染拡大を防ぐため、南アフリカおよび英国からの入国を制限する見通し。

21日の議会で新型コロナ対策を協議する。ルッテ首相は夜間外出禁止令を承認する必要があると述べた。今週末に導入される見込み。

入国制限は23日から実施される見通しで、全ての南米諸国も対象になるという。

ルッテ首相は記者会見で「非常に厳しい措置だが、われわれは岐路に立っている」と指摘。英変異種の感染拡大を抑制するために選択の余地はないとした。

夜間外出禁止令は午後8時30分から翌日の午前4時30分まで。ただ、医療措置を必要とする緊急事態や必要不可欠な業務を行う屋外労働者、ペットの散歩などは認められる。違反者には罰金95ユーロ(115ドル)が科される。

オランダではバーやレストランが約2カ月間にわたり閉鎖されているほか、昨年12月中旬からは学校や不要不急の店舗も閉鎖されている。

ルッテ首相は先週、現行のロックダウン(都市封鎖)措置は少なくとも2月9日まで継続すると述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up