for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アルゼンチン、ロシア製コロナワクチンを60歳以上にも承認

 1月20日 アルゼンチン政府は新型コロナウイルスのロシア製ワクチン「スプートニクV」の60歳以上への使用を承認したと発表した。写真はスプートニクV。2020年12月、ロシアのロストフ・ナ・ドヌーで撮影(2021年 ロイター/Sergey Pivovarov)

[ブエノスアイレス 20日 ロイター] - アルゼンチン政府は20日、新型コロナウイルスのロシア製ワクチン「スプートニクV」の60歳以上への使用を承認したと発表した。60歳にならない年齢層での利用はすでに承認されている。国外で同ワクチンの接種拡大を目指すロシアにとっては追い風となる。

アルゼンチン政府筋によると、今回の承認で、61歳のフェルナンデス大統領も接種対象となった。「大統領の接種に道が開かれた。大統領はすぐにでも接種を受ける」という。

同国の薬事当局である医薬品食品医療技術管理局(ANMAT)は声明で、スプートニクVの新たなデータや文書を入手して分析したところ「60歳以上の年齢層で安全性と有効性が容認範囲だった」と説明した。そうした年齢層で有効性は91.8%で、安全性も他の年齢グループと変わらなかったとしている。

16日には2回接種型のスプートニクVの後半接種用に約30万回分がモスクワからアルゼンチンに到着している。同国では昨年12月後半に医療関係者向けの1回目の接種を開始した。月内や来月にさらなる到着が見込まれている。

国境を接するパラグアイも先週、スプートニクVを承認し、ロシア国外で同ワクチンを承認したのは8カ国となった。やはり国境を接するボリビアも緊急使用を承認している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up