for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独政府、21年GDP予想を3%増へ大幅下方改定=当局者

[ベルリン 22日 ロイター] - ドイツ政府は2021年の国内経済の伸びが3%にとどまると予想している。11月に新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるための2回目のロックダウン(都市封鎖)措置を導入した影響で、昨年秋の見通しである4.4%増から大幅に引き下げた。政府当局者がロイターに語った。

ドイツのアルトマイヤー経済相は来週、政府の公式予測を発表する予定だ。最新の数字は独シュピーゲル誌が22日に最初に報じた。

最近の一連の指標では、欧州最大の経済国であるドイツが、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)を大方の予想よりうまく乗り切っていることが示されていたが、第4・四半期にみられた新型コロナ感染の第2波が迅速な回復への打撃となった。

政府は11月に封鎖措置を導入し、12月と今年1月には対策を強化。すでに苦境に立たされている小売業と接客業、観光業に追い打ちをかけている。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up