for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=続落、軟調な独業況指数とコロナワクチンの遅れで

    [25日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    405.13    -3.41  -0.83    408.54          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1563.46   -12.57  -0.80   1576.03          
 スト300種                                              
 ユーロSTOXX50   3553.14   -49.27  -1.37   3602.41  <.STOXX50
 種                                                        E>
 
        
    欧州株式市場は続落して取引を終えた。ドイツの業況指数が低下し、新型コロナウイ
ルスの感染拡大を抑えるための封鎖措置による打撃が鮮明になった。新型コロナワクチン
接種に遅れが出ていることで、経済回復が一段と遅れるとの不安も相場の重しとなった。
    ドイツのIFO経済研究所が発表した1月の業況指数は90.1と、上方改定された
2020年12月の数値(92.2)から低下した。市場予想は91.8だった。[nL4N2
K02ET]
    景気動向に左右されやすいSTOXX欧州600種石油・ガス株指数と旅行
・娯楽関連株指数、銀行株指数は1.85─2.96%下落した。
    米製薬大手ファイザーは今月、新型コロナワクチンの欧州連合(EU)への
納品が1カ月近く遅れると発表。英製薬のアストラゼネカもEUへの供給を大幅
に減らすと公表した。
    テクノロジー株指数は序盤に値上がりしたものの、マイナス圏で取引を終え
た。ただ、米テクノロジー株が過去最高水準にある中で、下落幅は限られた。
    世界最大級のハイテク投資会社プロサスは3.6%上昇し、最高値を付けた
。

    
 (い)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up