for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:東電HDが逆行高、年初からほぼ一本調子の上昇続く

[東京 26日 ロイター] - 東京電力ホールディングスが逆行高。年初から、ほぼ一本調子での上昇が続いており、チャートは完全に下降トレンドから脱却してきた。きょうも明確な買い材料が見当たらず、相場全体がさえない中で「異様な株価動向となっている。投機的な資金がかなり流入しているようだ」(国内証券)という。

午後2時25分現在、東証1部の売買代金ランキングで、低位株でありながら第7位と商いも急増中だ。

市場では「柏崎刈羽原発再開に向けた住民への説明会で反対の意見が相次いだが、再稼働に向けての思惑も生じている。3.11から10年を迎え、事業について新たな展開があっても不思議ではなさそうだ」(別の国内証券)との声が聞かれる。

共同通信によると、東京電力は25日、再稼働を目指す柏崎刈羽原発(新潟県)7号機に関する地域説明会を同県柏崎市で開いた。原子炉の起動前検査の概要などを示し、再稼働に向けた理解を求めた。だが、参加した住民からは反対意見が相次いだ。賛成意見はなかった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up