for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米金融・債券市場=利回り低水準、FRBが超緩和策を改めて確約

    [ニューヨーク 27日 ロイター] -    
                   米東部時間       価格    利回り  コード
 30年債(指標      15時35分   96*09.00   1.7865%  <US30YT=RR
 銘柄)                                             >
                   前営業日終   95*30.00   1.8020%            
                           値                       
 10年債(指標銘     15時34分   98*20.50   1.0212%  <US10YT=RR
 柄)                                               >
                   前営業日終   98*15.00   1.0400%            
                           値                       
 5年債(指標銘      15時34分   99*26.00   0.4129%            
 柄)                                               
                   前営業日終   99*23.88   0.4270%            
                           値                       
 2年債(指標銘      15時13分  100*00.25   0.1211%            
 柄)                                               
                   前営業日終  100*00.00   0.1250%            
                           値                       
    
                       清算値   前日終値  コード
 Tボンド先物3月    170*14.00  169*28.00        
 限                                       
 Tノート先物3月    137*17.00  137*12.00        
 限                                       
 
    米金融・債券市場では、国債利回りがおおむね低水準で推移した。
米連邦準備理事会(FRB)はこの日までの2日間の日程で開いた連邦
公開市場委員会(FOMC)で政策維持を決定すると同時に、景気回復
ペースの鈍化を指摘し、超緩和策の維持を改めて確約した。
    FRBはFOMC声明で「新型コロナウイルスのパンデミックは、
米国および世界中で多大な人的および経済的苦難をもたらしている。経
済活動と雇用の回復ペース はここ数カ月間で鈍化し、パンデミックに
よって最も悪影響を受けた業種が特に脆弱になっている」とし、「現在
進行中の公衆衛生の危機は引き続き、経済活動、雇用、インフレの重し
となり、経済見通しに著しいリスクをもたらしている」との認識を示し
た。 
    FOMC声明の発表直後に国債利回りはやや上昇したが、その後は
元の水準に戻した。
    TDセキュリティーズ(ニューヨーク)のシニア米国金利ストラテ
ジスト、ゲンナディー・ゴールドバーグ氏は、「FRBは回復ペースの
鈍化と新型コロナワクチン接種の進展具合について、これまでよりも懸
念を深めたもようだ。こうした懸念が声明に盛り込まれるのは初めてだ
」と指摘。「まだ若干の脆弱性が残っており、回復が根付くまでに長い
道のりが残されていると、FRBは伝えたかったのではないか」と述べ
た。
    キャピタル・エコノミクスのチーフ米国エコノミスト、ポール・ア
ッシュワース氏は「FRBは来年初旬まで資産買い入れ規模の縮小に着
手しないと考えている。また、最初の利上げは2024年まで遅れる可
能性があるとみている」と述べた。
    午後の取引で10年債           利回りは1.009%と、前日
の1.04%から低下。一時は1.001%と、1月6日以来の低水準
を付けた。
    30年債           利回りは1.776%と、前日の1.802
%から低下。一時は1.761%と、3週間ぶり低水準を付けた。    
    2年債利回りは0.119%。一時は0.115%と、
3週間ぶり低水準を付けた。
    利回り曲線は平坦化し、2年債と10年債の利回り格差US2US10=T
WEBは88.40ベーシスポイント(bp)と、約3週間ぶりの水準に
縮小した。
    
    <ドル・スワップ・スプレッド>     
                                  Last (bps)  Net Change (bps)
 U.S. 2-year dollar swap spread   7.50        0.25
 U.S. 3-year dollar swap spread   7.75        0.00
 U.S. 5-year dollar swap spread   9.25        -0.50
 U.S. 10-year dollar swap spread  3.50        0.25
 U.S. 30-year dollar swap spread  -25.00      -0.25
 
    
    

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up