for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

帝国ホテル、21年3月期見通しを見送り コロナで「未曽有の影響」

[東京 29日 ロイター] - 帝国ホテルは29日、2021年3月期通期の連結業績見通しの開示を見送った。新型コロナの世界的な感染拡大で「未曽有の影響」を受けており、現時点では合理的な算定は困難と判断した。昨年10月末の第2・四半期決算発表時にも同様の理由で開示を見送っていた。

4─12月期決算は売上高は前年比61.6%減の166億円、純損益は86億円の赤字(前年同期は30億円の黒字)だった。

内田慎一

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up