for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-第4四半期の仏GDP速報値、前期比-1.3% 予想ほど落ち込まず

(情報を追加します)

[パリ 29日 ロイター] - フランス国立統計経済研究所(INSEE)が発表した2020年第4・四半期の国内総生産(GDP)速報値は、前期比1.3%減少した。

新型コロナウイルスの流行に伴い2回目のロックダウン(都市封鎖)を導入したことが響いたが、市場予想ほど大幅なマイナス成長とはならなかった。

ロイターがまとめた市場予想は4%減。予想レンジは1.4%減ー5.3%減だった。

第3・四半期は前期比18.5%増と、前例のない増加を記録していた。1回目のロックダウンが終了したことが寄与した。

2020年のGDPは8.3%減。政府が予算案で公表していた予測である11%減を上回った。

政府は公的部門の財政赤字をGDP比11.3%と予測していたが、同比率は予測を下回る可能性が高い。

INSEEによると、12月の個人消費は前月比で23%増加。年末休暇に向けてロックダウンが緩和されたことが寄与した。これにより、第4・四半期の家計支出の減少ペースが抑制された。

第4・四半期のGDPに対する純輸出の寄与度は0.9%ポイント。在庫の寄与度は0.4%ポイントだった。

INSEEによると、第4・四半期は輸送機器や医薬品の輸出が底堅く推移した一方、経済活動の低迷で石油輸入が低迷した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up