for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独失業者数、1月は予想に反して減少 失業率6.0%で横ばい

1月29日、ドイツ連邦雇用庁が発表した1月の失業者数(季節調整後)は前月比4万1000人減の272万9000人となった。ミュンヘンで2020年12月撮影(2021年 ロイター/Andreas Gebert)

[ベルリン 29日 ロイター] - ドイツ連邦雇用庁が発表した1月の失業者数(季節調整後)は前月比4万1000人減の272万9000人となった。ロイターがまとめた市場予想(6000人増)に反して減少した。

新型コロナウイルスが流行する中、政府の雇用維持策が寄与したとみられる。

連邦雇用庁のシェーレ長官は「労働市場は1月も力強かった。ただ、新型コロナの感染拡大を抑制する措置が傷跡を残している」と述べた。

ドイツでは感染第2波に対応するため、昨年12月中旬以降、ロックダウン(都市封鎖)が導入されている。

失業率は6.0%で前月と変わらず。

政府が不況期の大量解雇を防ぐために導入した「時間短縮労働制度」の下で時短勤務をしている人は、昨年11月時点で約226万人だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up