for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

住友商事、通期最終損益予想は1200億円の赤字に上方修正

[東京 4日 ロイター] - 住友商事は4日、2021年3月期の連結純損益(国際会計基準)予想を1500億円の赤字から1200億円の赤字(前年は1713億円の黒字)に上方修正した。一過性の損失は2500億円の見通しから3000億円に拡大する一方、一過性の損失を除く業績は着実に回復しているという。

IBESがまとめたアナリスト8人のコンセンサス予想では、21年3月期通期の連結純損益の平均値は795億円の赤字。

20年4─12月期の純損益は1137億円の赤字(前年同期は2113億円の黒字)だった。

同社は1月、マダガスカルで進行中のアンバトビーニッケルプロジェクトに関して、2020年10─12月期連結決算で追加の減損損失300億円を計上する見込みだと発表した。同事業では4―6月期に約550億円の減損損失を計上している。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

清水律子

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up