for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

菅首相、3議員離党を陳謝 自身の会食も反省

[東京 2日 ロイター] - 菅義偉首相は2日午後、銀座のクラブを訪問していた自民党の3衆院議員が離党したこと、うち1議員が事実と異なる説明を行っていたことについて、衆院議院運営委員会で説明し陳謝した。自身の会食についても反省の意を示したが、当時は緊急事態宣言は発令されていなかったと説明した。

 菅義偉首相は2月2日午後、銀座のクラブを訪問していた自民党の3衆院議員が離党したこと、うち1議員が事実と異なる説明を行っていたことについて、衆院議院運営委員会で説明し陳謝した。田村智子委員(共産)への答弁。写真は、衆院本会議で1月に答弁する菅首相。(2021年 ロイター/Issei Kato)

自民党の松本純元国家公安委員長、田野瀬太道文部科学副大臣、大塚高司衆院議院運営委員会理事は1日、自民党を離党した。松本氏は当初「1人で陳情を受けていた」と説明していたが、その後「後輩議員2人と訪問していた」と訂正した。

<国民の皆さんに心からおわび>

首相は3議員離党について「緊急事態宣言のなか深夜まで飲食し、かつこれを明らかにしなかった。私が知ったのは昨日だ」と説明。「国民の皆さんにご苦労をお願い

しているなか、政治家は率先して襟を正すべきであり、このような行動をとったのは誠に残念、国民の皆さんに心からおわび申し上げる」と陳謝した。

その上で「身を引き締めて新型コロナ対策に全力をつくし、確実に実行に移し結果を出し、国民の皆さんに、二度と再びこのようなことがあってはならない思いで取り組んでいきたい」と強調した。

<首相会食、「緊急事態宣言発令されていなかった」>

菅首相が昨年12月二階俊博幹事長らと行った多人数会食については「大いに反省している」と陳謝したが、当時は緊急事態宣言は発令されておらず飲食も夜10時まで許されていたと説明した。

青柳陽一郎議員(立憲)と塩川鉄也議員(共産)への答弁。

議院運営委員会は政府の緊急事態宣言延長方針を説明するため開かれた。立憲民主党など野党が1日、政府と党、議会の要職にある人物が会食していながら国民に隠していたことは重大として、首相の説明と謝罪が必要として菅首相の出席を要求していた。

*答弁と質問者についてより明確にしました。

竹本能文

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up