for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=反落、GSK見通し悪化でヘルスケア株下落

    [3日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 FTSE100種       6507.82    -8.83  -0.14   6516.65          
    
    ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。新型コロナウイルスワクチンの接種が進
むにつれて経済回復が加速するとの期待がある一方、ヘルスケア株が売られ全体水準を押
し下げた。
    製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は6.3%下落し、FTSE
100種の最大の押し下げ要因だった。新型コロナのパンデミック(世界的大流行)によ
りコロナ以外の医療品事業が打撃を受けているとし、2021年の利益が予想以上に落ち
込むと警告した。製薬のアストラゼネカと医療機器のスミス・アンド・ネフュー
(S&N)、ジェネリック医薬品メーカー、ヒクマ・ファーマシューティカルズ<H
IK.L>も連れ安となった。
    新型コロナワクチン接種の進展の加速や、企業利益の改善、1次産品の値上がりに伴
い、FTSE100種は年初の落ち込みから持ち直している。
    携帯電話サービス大手のボーダフォンは5.9%上昇し、FTSE100種
最大の押し上げ要因となった。第3・四半期決算でサービス事業の売り上げが市場予想に
反してプラス成長に戻った。
    スイスの商品取引・資源大手グレンコアは0.9%高。21年の生産目標を
追認したことが買い安心感につながった。

    
 (い)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up