for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米インフレ率は「低過ぎ」、超緩和政策の維持必要=シカゴ連銀総裁

[3日 ロイター] - 米シカゴ地区連銀のエバンズ総裁は3日、2021年に景気が急速に回復すると予想した上で、インフレ率は今春に一時的な上昇が見込まれているものの、「低過ぎる」インフレ率の押し上げには超緩和的な政策を維持する必要があるとの見解を示した。

総裁は、講演の準備原稿で「金融政策当局者にとっては、一時的な物価上昇の先を見越して、設定した経済的基準が満たされるまで政策の調整を検討しないことが重要になる」とし、「私は、われわれが現行の政策を当面維持すると考えている」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up