for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル小動き、ワクチン巡る報道が重し

[シドニー 8日 ロイター] - オセアニア外国為替市場で豪ドルとNZドルは小動き。新型コロナウイルスワクチンの変異株に対する効果が限定的との報道が、前向きなムードに水を差している。

アナリストによると、米雇用統計が予想を下振れたことを受け、米景気対策の早期成立期待が広がり、豪ドルとNZドルの支援材料となっているが、コロナワクチンの南ア変異株に対する効果を巡る報道が目先、上値を抑える要因になるとみられている。

豪ドルは小安く始まったものの切り返し0.03%高となる場面もあったが、中盤時点で0.02%安の1豪ドル=0.7678米ドル。

NZドルも小動きで0.08%高の1NZドル=0.7199米ドル。

豪3年債利回りは0.12%で中銀の目標(0.10%)付近。10年債利回りは1.26%に上昇し昨年3月以来の高水準。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up