for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=反発、1次産品値上がりで

    [8日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 FTSE100種       6523.53   +34.20  +0.53    6489.33          
 
    週明けのロンドン株式市場は4営業日ぶりに反発して取引を終えた
。1次産品の値上がりに伴い、鉱業とエネルギー株が買われた。英プラ
イベートエクイティ(PE)のTDRキャピタルからの買収提案が好感
された資産管理のアロー・グローバルも大幅高となった。
    資源大手のアングロ・アメリカンやリオ・ティント
、BHP、石油大手のBP、ロイヤル・ダッチ・シェル
の値上がりが目立った。
    OANDAのシニア市場アナリスト、クレイグ・アーラム氏は「新
型コロナウイルスの英国での感染数と死者数について、非常に良い展開
がみられる」と指摘。「米景気刺激策に関しても良い進展があるようで
、それも相場の押し上げ要因となっている」と語った。 
    米国で今月にも1兆9000億ドル規模の新型コロナ支援策が承認
されるとの期待から世界の株価は過去最高値を付けた。
    アロー・グローバルは23.4%上昇と急騰。TDRキャ
ピタルが4度目の買収提案で、提示額を1株当たり305ペンスに引き
上げたのが材料視された。

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up