for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏金融・債券市場=利回り急上昇、リフレ期待で

    [ロンドン 15日 ロイター] - 
    
 <金利・債券>                                            
 米東部時間12時1                                           
 5分                                          
 *先物            清算値  前日比   前営業日  コード
                                        終盤  
 3カ月物ユーロ    100.55    0.00     100.55         
 独連邦債2年物    112.23   -0.03     112.26          
 独連邦債5年物    134.72   -0.22     134.94          
 独連邦債10年    175.23   -0.74     175.97          
 物                                           
 独連邦債30年    212.80   -2.14     214.94          
 物                                           
 *現物利回り      現在値  前日比   前営業日  コード
                                        終盤  
 独連邦債2年物    -0.690  +0.010     -0.708            
 独連邦債5年物    -0.649  +0.038     -0.686            
 独連邦債10年    -0.382  +0.049     -0.430             
 物                                           
 独連邦債30年     0.121  +0.047      0.075             
 物                                           
 

    ユーロ圏金融・債券市場では、大半の域内債券利回りが急上昇し、
数カ月ぶりの高水準を付けた。世界経済に対する明るい見通しや新型コ
ロナウイルスワクチンの展開を巡る楽観的な見方が広がる中でリフレ期
待が支援した。
    マリオ・ドラギ前欧州中央銀行(ECB)総裁が13日、イタリア
の首相に就任したことも同国を巡るリスクが低下したとの見方につなが
った。
    また、原油価格が約1年1カ月ぶりの高値に上昇し、インフレ期待
を高めた。
    DZバンクの金利ストラテジスト、ダニエル・レンツ氏は「米国で
リフレ傾向があり、欧州にも影響を与えている」と指摘。「欧州ではイ
ンフレ率が高まるかどうかについても議論されている。新型コロナの新
規感染者数が減少し、制限措置が間もなく解除され、経済が好転すると
の期待がある」と述べた。
    ドイツ、フランス、オランダ
の10年債利回りはいずれも昨年9月以来の高水準に上昇。ベルギー1
0年債利回りはマイナス0.08%と昨年7月以来の高水
準となった。
    ドイツ10年債利回りは5ベーシスポイント(bp)上昇のマイナ
ス0.376%と5カ月半ぶりの高水準。30年債利回り
は0.13%と8カ月ぶりの高水準を付けた。30年債利回りは月初に
マイナス圏で推移していたが、今月に入り20bp上昇している。
    英債利回りは昨年3月以来の高水準に上昇。スイス30年債利回り
は今月に入り22bp上昇しマイナス0.013%とプラス圏浮上に迫
っている。
    アイルランド10年債利回りも20年末のマイナス0
.28%から足元ではマイナス0.05%とプラス圏浮上が間近となっ
ている。
    コメルツバンクの金利ストラテジスト、ライナー・グンターマン氏
は「独債利回りは直近の上昇を受けて目先一服する可能性はあるが、リ
フレ期待は依然健在だ」と述べた。
    イタリア債券利回りも上昇。10年債利回りは4bp
上昇の0.53%となった。
    スペインでは、カタルーニャ州で14日、州議会選挙(定数135
)の投開票が行われ、独立派が議席を上積みして過半数を維持する見通
しとなった。ただ、国政与党・社会労働党の州支部も議席を大幅に増や
したことから、独立運動の再燃より中央政府との対話につながる可能性
が高いという。

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up