for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=3日続落、軟調な決算と物価急上昇懸念で

    [18日 ロイター] - 
 <株式指数>             終値  前日比     %  前営業日  コード
                                                   終値  
 STOXX欧州600   412.70   -3.40  -0.82    416.10          
 種                                                      
 FTSEユーロファー  1590.61  -12.39  -0.77   1603.00          
 スト300種                                            
 ユーロSTOXX50  3681.04  -18.81  -0.51   3699.85  <.STOXX50
 種                                                      E>
 
        
    欧州株式市場は3日続落。1次産品の値上がりやユーロ高による物価急上昇に関する
不安に加え、軟調な企業決算が相場の重しとなった。
    原油が値上がりしたものの、STOXX欧州600種石油・ガス株指数は2
.20%下落した。個別銘柄では第4・四半期に損失が拡大した再生可能エネルギーのネ
ルASAが11.4%安となった。
    米テキサス州の石油生産が寒波の影響で停止していることから、このところの原油相
場は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)前の水準まで上昇。これを受け
、物価が直近で予想以上に上昇するとの見方が強まった。
    INGでマクロ経済部門を率いるカルステン・ブルゼスキ氏は「テクニカルな要因で
物価上昇率が上がることはECBにとって最悪のシナリオだ。金融市場は物価見通しの上
昇と、場合によっては金融政策の調整も織り込む可能性がある。また、物価上昇により購
買力が減り、経済回復に大きくはないにしても響くだろう」と指摘した。
    欧州中央銀行(ECB)が公表した1月理事会の議事要旨で、政策当局者らはユーロ
上昇に懸念を示したことが分かった。ユーロ高は輸出国の打撃となり得る。
    STOXX欧州600種は今週、世界経済回復への期待を背景に1年ぶりの高値を付
けたが、物価上昇率への不安やワクチン計画の遅れを受けて反落した。
    軟調な決算も、新型コロナのパンデミックによる企業への打撃を際立たせた。通期決
算で損失を出し、配当を停止した欧州航空機大手のエアバスは2.8%下落した
。第4・四半期のコア営業利益が減ったフランスの通信会社、オレンジは2.
6%安だった。

    
 (い)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up