for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-中国・香港株式市場・大引け=CSI300が後場に切り返す、週間ではマイナスに 香港は3週連続の上昇

 (香港株のリポートを追加します)
    [上海 19日 ロイター] -    
 中国                      終値     前日比         %       始値         高値         安値
 上海総合指数         3,696.1680  + 20.8109     + 0.57  3,661.783  3,699.6502   3,634.0149 
                                                               4                
 前営業日終値         3,675.3571                                                           
 CSI300指数<.C   5,778.842   + 10.461     + 0.18  5,734.019   5,787.887    5,667.321 
 SI300>                                                                         
 前営業日終値          5,768.381                                                           
 香港                         終値      前日比          %        始値         高値          安値
 ハンセン指数            30,644.73      + 49.46      + 0.16  30,483.46    30,720.15     30,099.71 
 前営業日終値            30,595.27                                                                
 ハンセン中国株指数<.H   12,106.77      + 65.24      + 0.54  12,018.17    12,146.71     11,852.14 
 SCE>                                                                                 
 前営業日終値            12,041.53                                                                
    中国株式市場の優良株指数は前場の下げから切り返し、上昇して取引を終えた。イン
フラ関連株や証券株の上げに支援された。ただ、政策の引き締めや高バリュエーションを
巡る懸念から週間ベースでは値を下げた。
    上海総合指数終値は20.8109ポイント(0.57%)高の3696.
1680。週間ベースでは1.1%高。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         終値は10.461ポイント(0.18%)高の5778.842。週間ベー
スでは0.5%安。
    この日の上げをけん引したのはCSI300インフラ株指数とCSI・
SWS証券株指数で、それぞれ2.9%高、2.7%高。
    高バリュエーションとなっているセクターを週間ベースでみると、CSI300生活
必需品株指数が2.6%安と、5週間ぶりの下落。CSI300ヘルスケア
株指数は4.3%安。

    香港株式市場は上昇。週間ベースで3週連続の上昇となった。主要国経済の回復を示
す指標が好感された。素材株が上昇を主導した。
    ハンセン指数終値は49.46ポイント(0.16%)高の3万0644.7
3。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       終値は65.24ポイント(0.54
%)高の1万2106.77。
    週間ベースでは、それぞれ1.6%高、1.9%高。ともに3週連続の上昇となった
。
    ハンセン素材株指数が3.1%高と、上昇を主導した。週間では15.5%
高で、2015年4月以来の大幅上昇となった。
    通信株も上昇。週間で11%値上がりした。
    中国商務省は17日、春節(旧正月)の大型連休に当たる11─17日の小売・ケー
タリング業の売上高(オンライン含む)が8210億元(1270億ドル)になったと発
表した。近場で休暇を過ごす「ステイケーション」に伴う消費に押し上げられ、新型コロ
ナウイルス禍に揺れた2020年から28.7%拡大した。
    米国の小売売上高も好調。米連邦準備理事会(FRB)は緩和的なスタンスを維持す
る方針を示している。米景気対策に関する審議も進んでおり、米経済の回復が続くとの期
待が広がっている。
    ただ、政策の引き締めに対する懸念が相場の重しとなった。
    中国人民銀行(中央銀行)は19日、1000億元(154億9000万ドル)のリ
バースレポが期日を迎える中、差し引きで800億元の資金を吸収した。
    人民銀行は18日、1年物中期貸出制度(MLF)で2000億元を金融機関に供給
。同日は同額のMLF融資が期日を迎えた。ただ、リバースレポでは差し引き2600億
元を吸収した。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up