for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:バリュー株が一服、米金利の落ち着きで物色面は前日から裏返し

[東京 10日 ロイター] - バリュー株が一服。日本製鉄といった景気敏感株、三井不動産をはじめとする不動産株、三菱UFJフィナンシャル・グループを中心とする銀行株など、今週に入って株価を支えていた銘柄群が沈む一方、キーエンス、任天堂など最近の相場の悪役だった値がさグロース株が軒並みしっかりとなっている。

前日までとは一転、裏返しのような相場付きとなったが、この背景にあるのは、米国の金利上昇が落ち着いたこと。米株ではグロース株の割高感が薄れたとの見方から大型ハイテク株が切り返し、その動きが日本株にも波及した。

そうした中でバリュー株は利益確定売りに押されている。市場では「結局、大きな意味での循環物色が続いているということ。米長期金利の動向で物色対象が今後も変わることが想定される」(国内証券)との声が聞かれた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up