for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド株式市場・序盤=続伸、金融・ITが主導

    [ベンガルール 10日 ロイター] - 
 インド            日本時間13時   前日比      %      始値
                   58分                           
 SENSEX指数     51,294.25  + 268.7  + 0.53  51,404.6
                                       7                 8
 前営業日終値         51,025.48                           
                   日本時間13時   前日比      %      始値
                   58分                           
 NSE指数<.NSEI     15,176.80  + 78.40  + 0.52  15,202.1
 >                                                       5
 前営業日終値         15,098.40                           
 
    インド株式市場は続伸。株価指数に大きな比重を占める金融・IT
関連銘柄が、株価全般の上昇を支えた。  
    債券利回りが低下し、インフレ懸念が和らぐ中、アジア株全般が値
上がりしたこともインド市場のセンチメントを支援した。  
    ニフティ銀行株指数は0.59%高。ニフティIT株指
数は0.96%高。  
    ソフトウエアサービス大手インフォシスは1%高で、N
SE指数を特に押し上げた。  
    国有のバローダ銀行は最大2%上伸。同行の最高経営責任
者(CEO)は9日、ロイターに対し、クレジットカード事業への出資
者を探すとともに、保険合弁会社の上場を検討すると語った。   
    太陽光発電機器メーカーのアダニ・グリーン・エナジー
、タタ・パワー、インドソーラーはそれぞれ0.8
─4.6%上昇。ロイターは9日、インド政府が来年4月から太陽電池
と太陽電池パネルに輸入税をかける方針だと報じた。これらの機器の輸
入を減らし、国内生産を推進する意向だ。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場
合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up