for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア通貨動向(11日)=堅調、ドルの下落受け

[11日 ロイター] - アジア通貨は堅調。米国のインフレ統計や国債利回り低下を受けてドルが下落したことが背景。

韓国ウォンは0.6%高。タイバーツは0.4%高。

台湾ドルは0.5%上昇。

台湾中央銀行の楊金龍総裁は11日、米国が台湾を為替操作国・地域に指定する可能性があるとの見方を示した。

台湾ドルは、好調な輸出や景気回復を背景に急ピッチで上昇している。台湾中銀は前日、2020年の為替介入額が急増したことを明らかにした。

インド、インドネシア市場は祝日のため休場。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up