for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シャープ、20年4―12月期営業利益0.4%増の620億円 白物好調

[東京 12日 ロイター] - シャープは12日、20年4─12月期の連結営業利益が前年同期比0.4%増の620億円だったと発表した。新型コロナウイルスの影響が重しとなったが、白物家電が好調で全事業で第2四半期から回復基調にある。

特に家電を扱うスマートライフ事業は白物家電などが好調で前年同期から大幅な増益となった。堺ディスプレイプロダクトで減損処理したが、通期の連結純損益予想は実現できると見ている。純損益予想は前年の3.6倍の500億円としている。

年間配当は前年度から12円増配の1株当り30円の予想とした。

2021年3月期の営業利益予想は前年比59.3%増の820億円で据え置いた。IBESがまとめたアナリスト10人のコンセンサス予想では、21年3月期通期の連結営業利益予想の平均値は715億円。

シャープは昨年12月、スマホ用カメラレンズを手掛ける連結子会社のカンタツ(東京・品川)で不正な会計処理の疑いが見つかったと発表。事実関係や決算への影響などを調べる調査委員会の調査が延長し、決算発表が遅れていた。 (平田紀之)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up