for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国・香港株式市場・前場=中国株上昇、米中関係巡る懸念で上値重い

    [12日 ロイター] - 
 中国                      前場終値     前日比        %          始値
 上海総合指数            3,449.8589  + 13.0276    + 0.38   3,447.2033 
 前営業日終値            3,436.8313                                   
 CSI300指数<.CSI3   5,139.874   + 11.659    + 0.23    5,153.674 
 00>                                                      
 前営業日終値             5,128.216                                   
 香港                      前場終値     前日比        %           始値
 ハンセン指数             29,311.88    - 73.73    - 0.25     29,550.37 
 前営業日終値             29,385.61                                    
 ハンセン中国株指数<.HSC  11,416.60    + 76.20    + 0.67     11,475.74 
 E>                                                       
 前営業日終値             11,340.40                                    
    
    中国株式市場は上昇して前場を終えた。米中関係への懸念で上値は重いものの、堅調
なインフラ関連株が相場を支えている。
    上海総合指数前場終値は13.0276ポイント(0.38%)高の344
9.8589。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         前場終値は11.659ポイント(0.23%)高の5139.874。
    CSI300インフラ株指数は3.9%上昇し、昨年7月6日以来の大
幅上昇となる見込み。これまでバリュエーションが低水準で推移していたことが上昇の一
因。
    中国の李克強首相は11日、全国人民代表大会(全人代)閉幕にあたり記者会見し、
政府の2021年の成長率目標は「低くない」と主張するとともに、より高い成長を目指
して政策を劇的に緩和することはないと述べた。
    オーバーナイトで米国債利回りが一時低下し、インフレ高進への懸念が和らいだこと
も市場のセンチメントを支援した。華キン証券はリポートで「米債利回りの上昇の勢いが
弱まるにつれ、リスク志向が再び強まる可能性がある」と指摘した。
    ただ、投資家は米中関係の緊迫化にも注目している。
    米政府は11日、中国による香港の選挙制度改革を非難し、香港の民主主義に対する
攻撃だと指摘。来週行われる米中の外交トップによる会談が、厳しいものになるとの見通
しを示した。
    また、米政権は今週、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)        に製
品を供給する企業に出している輸出許可に変更を加え、第5世代(5G)移動通信システ
ム対応機器に使われる可能性のある製品の供給に関する制限を強化した。
    これを受け、ファーウェイのサプライヤーの株価が下落している。
    
    前場の香港株式市場はまちまち。
    ハンセン指数前場終値は73.73ポイント(0.25%)安の2万9311
.88。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       前場終値は76.20ポイント(0.
67%)高の1万1416.60。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up