for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏金融・債券市場=利回り上昇、ECB決定の影響長続きせず

    [アムステルダム 12日 ロイター] -    
 <金利・債券>                                            
 米東部時間11時3                                           
 3分                                          
 *先物            清算値  前日比   前営業日  コード
                                        終盤  
 3カ月物ユーロ    100.54    0.00     100.54         
 独連邦債2年物    112.08   -0.02     112.10          
 独連邦債5年物    134.94   -0.09     135.03          
 独連邦債10年    171.12   -0.52     171.64          
 物                                           
 独連邦債30年    206.76   -2.08     208.84          
 物                                           
 *現物利回り      現在値  前日比   前営業日  コード
                                        終盤  
 独連邦債2年物    -0.686  +0.005     -0.685            
 独連邦債5年物    -0.617  +0.013     -0.628            
 独連邦債10年    -0.301  +0.029     -0.330             
 物                                           
 独連邦債30年     0.225  +0.043      0.183             
 物                                           
 
    
    ユーロ圏金融・債券市場では、米国債利回りに追随しユーロ圏国債
利回りが上昇した。前日は欧州中央銀行(ECB)が債券購入の加速化
を表明したこと受け利回りは低下していたが、長続きしなかった。
    ECBは11日の理事会でパンデミック緊急購入プログラム(PE
PP)の買い入れを次の四半期に拡大すると決定。関係筋は理事会後に
ロイターに対し、月次の買い入れ目標について、先月の600億ユーロ
を上回るものの、昨春の1000億ユーロほどには拡大しないとの見通
しを示した。
    ただECBの決定を受けた楽観的な見方は長続きせず、この日の取
引で国債利回りは再び上昇。独10年債利回りがマイナス
0.295%と3.6ベーシスポイント(bp)上昇したほか、イタリ
ア10年債利回りは0.63%と、5bp上昇した。
    ECBがPEPPの買い入れ枠を拡大せずに、購入ペースを加速さ
せることは、買い入れプログラムを早期に終了せざるを得なくなること
を示す。アナリストは買い入れペースの加速化だけではユーロ圏国債利
回りの上昇に歯止めをかけるに十分ではないとの見方を示しているが、
ECBの決定に対する市場の反応が鈍いことで、こうした見方が裏付け
られた。
    コメルツバンクの金利戦略部門責任者、マイケル・レイスター氏は
「ECBは時間稼ぎを行ったが、こうした措置は圧力を完全に相殺する
には十分でない」と述べた。
    この日はドイツのロベルト・コッホ研究所(RKI)のローター・
ヴィーラー所長が新型コロナ感染の第3波の始まりにあるとの見解を表
明したほか、イタリア政府が4月初旬のイースター(復活祭)の週末の
間、全国的なロックダウン(都市封鎖)を実施すると発表。ただ、ユー
ロ圏国債利回りに大きな影響は及ばなかった。[nL4N2LA3P
5]  

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up