for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国・香港株式市場・前場=中国反落、引き締め懸念続く 香港は反発

    [上海 15日 ロイター] - 
 中国                    前場終値     前日比         %       始値
 上海総合指数          3,432.0104  - 21.0673     - 0.61  3,441.882
                                                                0 
 前営業日終値          3,453.0777                                 
 CSI300指数<.C    5,061.662   - 84.717     - 1.65  5,116.123
 SI300>                                                           
 前営業日終値           5,146.379                                 
 香港                    前場終値     前日比         %       始値
 ハンセン指数          28,907.15    + 167.43     + 0.58  28,923.95
                                                                  
 前営業日終値          28,739.72                                  
 ハンセン中国株指数<   11,221.61     + 48.66     + 0.44  11,272.47
 .HSCE>                                                           
 前営業日終値          11,172.95                                  
    中国株式市場は反落して前場を終えた。政策引き締めを巡る懸念が広がる中、割高感
が出ている消費者関連株やヘルスケア株、新エネルギー株が下げを主導した。
    上海総合指数前場終値は21.0673ポイント(0.61%)安の343
2.0104。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         前場終値は84.717ポイント(1.65%)安の5061.662。
     CSI300主要消費財指数は3.7%安、CSI300ヘルスケア
指数は3.5%安、CSI新エネルギー指数は3.2%安。
    北京を拠点とするヘッジファンドマネジャーのZhang Chengyu氏は「中国は、割高と
なっている株式バブルに対して積極的に対応しており、融資資金が株式市場や不動産市場
に流入するのを防ぐために窓口指導を行ったり、国営メディアでこれらの株式に対する警
告を発するなどしている」と指摘した。
    華西証券のアナリスト、Li Lifeng氏はリポートで、投資家はバリュエーションが割
高なセクターへの投資を手控え、景気回復の恩恵を受けるシクリカル(景気循環)セクタ
ーに資金をシフトすべきだとの見方を示した。
    この日発表された1─2月の中国鉱工業生産は前年同期比35.1%増加し、昨年1
2月の7.3%増から伸びが加速。ロイターがまとめた市場予想の30.0%増も上回っ
た。
    
    香港株式市場は反発。
    ハンセン指数前場終値は167.43ポイント(0.58%)高の2万890
7.15。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       前場終値は48.66ポイント(0.
44%)高の1万1221.61。
    騰訊控股(テンセント・ホールディングス)は3%下落。独占禁止法違反
を巡る懸念が重しとなった。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up