for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-米金融・債券市場=長期債中心に利回り低下、FOMCに注目

 (レートを更新しました)
    [シカゴ 15日 ロイター] - 
                    米東部時間        価格    利回り  コード
 30年債(指標銘     17時05分    89*21.00   2.3589%             
 柄)                                                 
                    前営業日終    88*26.00   2.4010%             
                            値                        
 10年債(指標銘      17時05分    95*19.00   1.6073%             
 柄)                                                 
                    前営業日終    95*11.00   1.6350%             
                            値                        
 5年債(指標銘柄     16時31分    98*13.00   0.8288%            
 )                                                   
                    前営業日終    98*10.25   0.8470%             
                            値                        
 2年債(指標銘柄     17時05分    99*30.25   0.1530%            
 )                                                   
                    前営業日終    99*30.38   0.1510%             
                            値                        
    
                       清算値   前日終値  コード
 Tボンド先物3月    157*20.00  157*04.00        
 限                                       
 Tノート先物3月    133*02.50  132*29.00        
 限                                       
        
    米金融・債券市場では長期債を中心に利回りが低下し、利回り曲線
が平坦化した。市場では16─17日の米連邦公開市場委員会(FOM
C)に注目が集まっている。
    1兆9000億ドル規模の景気対策が成立し、米景気に対する楽観
的な見方が台頭する中、米国債利回りは先週終盤に大きく上昇。12日
の取引で10年債利回りは1.642%と、2020年2
月以来の高水準を付けた。この日の終盤の取引では2.8ベーシスポイ
ント(bp)低下の1.6073%。
    BMOキャピタル・マーケッツ(ニューヨーク)のストラテジスト
、ベン・ジェフリー氏は、この日は商いがやや薄めと指摘した上で、「
今週は小売統計発表とFOMCを控えており、先週のような動きを受け
、多少のショートカバーが出たとしても驚くべきことではない」と述べ
た。 
    商務省は16日に2月の小売売上高を発表。1月は5.3%と大き
く増加した。
    連邦準備理事会(FRB)は16日から2日間の日程でFOMCを
開催。BMOキャピタル・マーケッツのジェフリー氏は「FOMCまで
主だった動意は出ない」と指摘。「新たな金利・経済見通しと(FOM
C声明の)文言のほか、パウエル議長の記者会見にトーンの変化がある
か、注目されている」と語った。
    ニューヨーク・ライフ・インベストメンツ傘下のインデックスIQ
の調査部門責任者、ケリー・イー氏は「現時点では大きな変更はない」
と予想。23年に3回の利上げが実施されるとの見通しが市場で織り込
まれているもようだが、FRB当局者は持続的な景気回復は見られてお
らず、失業率はなお高水準にあるとの見方を示してきたとし、「FRB
は当面は極めて緩和的なスタンスを維持する」と述べた。
    財務省は16日に240億ドルの20年債、18日に130億ドル
の10年物インフレ指数連動債(TIPS)の入札を実施。国債利回り
の動きなどを予見するにあたり、入札での需要動向が注目されている。
    終盤の取引で2年債利回りは0.153%と、上昇幅は
1bp未満。10年債と2年債の利回り格差は145.7
8bpと、1.61bp縮小した。
    
    <ドル・スワップ・スプレッド>
                                  Last (bps)  Net Change (bps)
 U.S. 2-year dollar swap spread   10.00       -0.25
 U.S. 3-year dollar swap spread   10.00       -0.25
 U.S. 5-year dollar swap spread   8.00        0.00
 U.S. 10-year dollar swap spread  1.00        0.00
 U.S. 30-year dollar swap spread  -30.75      0.50
 
    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up