for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド株式市場・序盤=上昇、IT株やリライアンスが高い

    [16日 ロイター] - 
 インド              日本時間14時4     前日比       %       始値
                     分                                 
 SENSEX指数<.      50,791.15   + 396.07   + 0.79  50,608.42
 BSESN>                                                          
 前営業日終値            50,395.08                               
                     日本時間14時4     前日比       %       始値
                     分                                 
 NSE指数              15,032.90   + 103.40   + 0.69  14,996.10
                                                                 
 前営業日終値            14,929.50                               
 
    インド株式市場は上昇。前日は下落して引けていた。大型IT株とコングロマリット
のリライアンス・インダストリーズの上伸に支えられた。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0356
GMT(現地時間午前9時56分、日本時間午後0時56分)時点で、0.46%高の1
万4998.50。
    SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)<.BS
ESN>は、0.45%高の5万0622.16。
    新型コロナウイルス感染再拡大、2月の消費者物価上昇率の急上昇、1月の鉱工業生
産の減少で、15日のNSE指数は1.90%、SENSEX指数は1.96%それぞれ
下落した。
    ニフティIT株指数は0.56%高。ソフトウエアサービス大手インフォ
シスは0.8%高と、NSE指数の上昇に最も寄与した。リライアンス・イン
ダストリーズは0.3%高。
    通信サービス大手タタ・コミュニケーションズは6.2%安。インド政府
が同社発行株の最大10%を直近引け値を下回る価格で売り出すと発表した。
  アジア広域の株式市場は、ワクチン接種拡大と1兆9000億ドル規模の米景気刺激
策をめぐる楽観が投資家に広がる中、米株高に追随し、上昇して始まった


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up