for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-米外務・防衛閣僚の訪日、同盟への「揺るぎないコミット」=茂木外相

(情報を追加し、再構成しました。)

[東京 16日 ロイター] - 茂木敏充外相は16日の日米外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)で、「米国で新政権発足直後に(ブリンケン米国務長官とオースティン米国防長官が)最初に訪日されたのは史上初。日米同盟や地域全体への揺るぎないコミットメントへの証しだ」と述べた。

茂木外相は冒頭、「この数年で世界情勢は大きく変化し、インド太平洋は全く異なる次元にある。パワーバランスは変化し、力による現状変更の試みは国際秩序が挑戦を受けた」と危機感を語った。日米が結束して法の支配に基づいた国際秩序を維持するため、「緊密に連携していくことを楽しみにしている」との考えも併せて述べた。

同席した岸信夫防衛相は「日米同盟をさらに強固にし、日米双方がとるべき取り組みに関して議論を深めたい」と抱負を語った。会議冒頭を記者団に公開した。

日米2プラス2に先立つ日米外相会談後、茂木外相は「自由で開かれたインド太平洋実現に向けた協力を一層強化する。中国・北朝鮮・ミャンマー・イランなどの地域情勢で忌憚なく意見交換し、中国の一方的な現状変更の試みに強く反対し、深刻な懸念を共有した」と述べた。外相会談で中国問題に「一番時間を割いた」ことも明らかにした。

外相会談では、北朝鮮の非核化に向けた連携でも完全に一致した。 (山口貴也 編集:内田慎一)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up