for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

午後3時のドル109円前半、FOMC控え膠着

[東京 17日 ロイター] -

午後3時のドル/円は109円前半。ドルと円のイラスト化された写真。2017年6月22日に撮影。(2021年 ロイター/Thomas White)

ドル/円  ユーロ/ドル  ユーロ/円

午後3時現在 109.16/18 1.1896/00 129.87/91

午前9時現在 109.02/04 1.1900/04 129.75/79

NY午後5時 108.97/00 1.1905/06 129.70/74

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅高の109円前半。米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に、主要通貨は小動きが続いた。

東京市場のドルは108.99─109.21円と狭いレンジ内で推移。「108円後半に買いが、109円前半には売りが控えており、身動きが取れない」(外銀)状況だったという。

市場の関心は、FOMC後に公表されるメンバーの経済見通しサマリー(SEP)やパウエル議長の記者会見に注がれている。

前回12月のSEPでは、17人中12人のメンバーが2023年末まで政策金利の誘導目標が据え置かれることを想定した。ただ、3人は1回の利上げ、2人はそれ以上の利上げを見込んだ。

今回はメンバーが1人増えて18人となるが、市場では、失業率見通しの引き下げとインフレ率見通しの引き上げにより、追加的に4人以上が2023年中の利上げ(ゼロ金利解除)を想定する可能性があるとの予想も出ている。

最近、日米金利差との相関を高めてきたドル/円は「FOMCの結果、米国金利がどう反応するかが焦点になる」(別の外銀)見通しだ。

為替マーケットチーム

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up