for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日銀点検こうみる:悪材料はファーストリテの需給プレミアム消滅だけ=大和証 木野内氏

[東京 19日 ロイター] -

<大和証券 チーフテクニカルアナリスト 木野内栄治氏>

株式市場で注目されていたETF購入法見直しについては、ほぼ予想された通りであり、株価全体に悪影響を及ぼすものではない。実際、日経平均こそ大幅安となったが、TOPIXは売り一巡後に前日比プラスに転じている。

市場にインパクトを与えたのは、ETF購入をTOPIX連動型のみにするとした点で、これが日経平均採用の指数寄与度が大きい銘柄の下げを促し、日経平均が大きく下げる要因になった。特に目立ったのはファーストリテイリング。5000円幅の下げとなったが、5000円で計算した下げの寄与度は180円となり、同社によってもたらされた下げと言ってもいいかもしれない。

これまで、ファーストリテは本来の上昇期待とは別に、日銀のETF購入によるプレミアムが意識されていた。その分、需給面で他の銘柄に比べて優位性があったが、今後はそれがなくなることが嫌気され、今回の下げにつながった。

決定会合全体の内容そのものは、企業などの資金繰り支援に努めることをはじめ、株式市場で好感される材料が多い。悪材料となったのはファーストリテの需給面でのプレミアム消滅のみと言えそうだ。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up