for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日銀点検こうみる:ETF購入方針見直しで市場のゆがみ解消か=東洋証 大塚氏

[東京 19日 ロイター] -

<東洋証券 日本株ストラテジスト 大塚竜太氏>

日銀は政策決定会合で長期金利の変動幅をプラスマイナス0.25%程度とし、上場投資信託(ETF)については原則6兆円の年間買い入れめどを削除、引き続き12兆円を上限に買い入れを行うとした。これは事前観測通りでサプライズではない。ETF購入についても、12兆円の上限を残すことによって、マーケットが混乱したときには適切に対処するというスタンスを残している。

日銀は同時にETFの買い入れ対象をTOPIX連動型のみにすると発表。これを受け、ファーストリテイリングなど日経平均の指数寄与度の高い銘柄は売られる展開となっている。これはややいたずらが過ぎるような気もする。これまで同社の株を買っては喜んでいた人たちが、一斉に焦って売っているのが想像できる。当面は日経平均ボラティリティー指数が上昇する可能性もあるだろう。

ただ、これまではファーストリテイリングが上昇すれば、日経平均も連れ高となることが多く、市場のゆがみが指摘されてきたのも事実だ。今後は市場のゆがみが解消されるという意味ではいいことなのではないか。指数の上昇と同時に、景気回復も実感できるようになればいい。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up