for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏金融・債券市場=独連邦債利回り低下、米債に追随

    [アムステルダム 19日 ロイター] -    
 <金利・債券>                                            
 米東部時間13時4                                           
 9分                                          
 *先物            清算値  前日比   前営業日  コード
                                        終盤  
 3カ月物ユーロ    100.54    0.00     100.54         
 独連邦債2年物    112.12   +0.03     112.09          
 独連邦債5年物    135.13   +0.19     134.94          
 独連邦債10年    171.22   +0.50     170.72          
 物                                           
 独連邦債30年    205.10   +1.04     204.06          
 物                                           
 *現物利回り      現在値  前日比   前営業日  コード
                                        終盤  
 独連邦債2年物    -0.698  -0.017     -0.681            
 独連邦債5年物    -0.643  -0.029     -0.615            
 独連邦債10年    -0.288  -0.030     -0.263             
 物                                           
 独連邦債30年     0.285  -0.021      0.302             
 物                                           
    
    ユーロ圏金融・債券市場では、大きく動いていた国債市場が落ち着
きを取り戻し、米国債利回りが低下したこと受け、独連邦債利回りも低
下した。
    前日は、16─17日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果
が消化されるに従い、米国債利回りは2020年1月以来の水準に上昇
。これに連動してユーロ圏の国債利回りも上昇した。
    ただこの日は市場は落ち着きを取り戻し、米国債利回りは低下。独
10年債利回りはマイナス0.29%と、3ベーシスポイ
ント(bp)低下し、週初の水準近辺に戻った。
    アナリストは、ユーロ圏国債は米国債をアウトパフォームしている
ものの、欧州中央銀行(ECB)が11日の理事会でパンデミック緊急
購入プログラム(PEPP)の買い入れ加速を決定したした後も利回り
が高水準にとどまっていることは懸念に値すると指摘。
    コメルツバンクの金利戦略部門責任者、マイケル・レイスター氏は
「ECB理事会から1週間が経過し、市場では買い入れの『大幅な』加
速はいつみられるのか、それとも売り圧力の方が強いのか、疑問が出て
いるはずだ」と述べた。
    この日は米連邦準備理事会(FRB)が大手行を対象にした自己資
本規制である補完的レバレッジ比率(SLR)に関する緩和措置を延長
せず、期限の3月末で終了すると発表。ただユーロ圏債券市場にほとん
ど影響は出なかった。

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up