for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米経済、景気後退から回復完了間近の可能性=リッチモンド連銀総裁

[ワシントン 21日 ロイター] - 米リッチモンド地区連銀のバーキン総裁は21日、米経済の現状について、一部の労働者にはリスクが残るものの、新型コロナウイルス感染拡大を受けたリセッション(景気後退)からの「回復完了間近」の可能性があるとの認識を示した。

講演の準備原稿で「ワクチン接種が行われ、感染率や入院が低下している。余剰貯蓄や財政面の刺激策が、ワクチン接種や気温上昇を受けて出てくる消費者の繰延需要を賄う一助になるだろう」との見方を示した。

また、最近成立した1兆9000億ドル規模の新型コロナ経済対策が家計の所得や貯蓄の増加を促し、依然深刻な失業の影響緩和に寄与すると指摘。「この支援により、経済はほぼ回復した」とし、「回復完了が間近だと期待を寄せている」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up